英語学習法【偏差値40〜】

英語学習法【偏差値40台〜】

僕は偏差値30台から現役で早稲田大学に合格しましたが、初めて勉強をする決意をした後に、ガムシャラに英語だけを3ヶ月徹底的に勉強しました。

その結果、偏差値38から68に3ヶ月でアップさせ、自らを大学受験に向けて大きく前進させました。

今回は、その経験から偏差値30〜40台の『英語ビギナー』に向けて、どうすれば成績を上げられるかを記事にします。

長くなりますが、偏差値30を3ヶ月で上げた経験をそのままお伝えしますので、ぜひご覧ください。


導入-偏差値40はむしろ利点

英語は大学受験における最重要科目です。

どの大学を受験するとしても必要科目とされる可能性が高く、英語の配点が他の科目に比べて高い大学も多々目にします。

現代の受験において、英語を制さずして合格は有り得ません。

今回は英語を偏差値40台、つまり苦手としている人たちに向けての記事ですが、今の成績を悲観する必要は全くありません。

むしろ、僕はプラスに捉えるくらいの心持ちでいて欲しい。

『こんなに出来ないのに、プラスに捉えられない!』と思われる方もいるでしょう。

しかし、中途半端な知識は成長の妨げになります。

偏差値40台は、良い意味で知識が空っぽの状態です。

中途半端な知識があると、それらを一旦取り除く手間が有りますが、何も無ければ入れるだけで成績が上がっていきます。

何事もポジティブシンキングをして、逆転合格に向けて頑張りましょう!

中学英語の重要さを理解する

上にも書いたように、偏差値30〜40というのは知識が皆無の状態です。

英語を読んでもそれらが暗号に見えて、問題の意味すら理解できない。

模試を受けても全く分からないので、とりあえず見たことがある単語を解答として選択する。

僕も経験した道です。

そこから僕が一番最初に着手したのが『中学生レベルの英語』でした。

『いくらなんでも中学生英語は分かります!』という気持ちも理解できますが、果たして本当にそうでしょうか。

中学英語の理解度チェック

例を挙げましょう。

Studying in an English−speaking country is one way to learn English, but you will not become a good speaker only by doing this. You need to think about what you will do with English in your future and why you like English. Then you can learn what you need to study to make your speaking better.

この英語を100%完璧に構文を理解し、和訳出来る自信がありますでしょうか。

こちらは千葉県の高校入試の英文を抜粋しています。

高校入試ということは、中学英語の問題です。

この文章が100%読めなければ、貴方は中学英語があやふやになっていることになります。

ここを飛ばして大学受験レベルの英語を勉強しようとしても、成績が伸びないのは当然です。

この段階を『今更中学英語なんて…』と怠り、成績が伸びない人を僕はたくさん見てきました。

皆さんはそうならないように『基礎の大事さ』をしっかりと認識していただきたいです。

中学英語の学び方

中学英語の難しさが分かっていただけたでしょうか。

それでは、どうやって学習すれば良いのか。

難しいことは考えずに、この参考書を1冊やり切ってみましょう。

『くもんの中学英文法』は、たった1冊で中学3年間の英語を分かりやすく復習し直せる良書です。

本気でやれば1日で読み終わることも可能なので、少しでも不安がある人は一度目を通しましょう。

とはいえ、この参考書を読んだからといって偏差値が40から50になることは有り得ません。

あくまで中学英文法ですので、大学受験レベルの問題には対応不可です。

謂わば知ってて当たり前の知識ですが、中学レベルの英語知識が抜けていると成績向上は見込めません。

特に、僕の様にレベルがあまり高くない高校(偏差値40台)に入学した人は、中学レベルの英語に危機意識を持ちましょう。

『土台のないところに家は建たない』

焦らずに、やるべきことをやれる人が合格出来るのです。


高校1年生の英語

中学英語をやり直したら、遂に高校英語に取り組むことになります。

そうは言っても、まだまだ中学生を卒業したばかりですので、いきなり大学受験レベルは厳しく、ここでも基礎固めをする必要が有ります。

具体的には『高校1年生』つまり、高校初期の英語を学びましょう。

そこでお勧めする1冊が『大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】』です。

『はじめまして、超基礎です』という帯の通り、基礎英語がポップに分かりやすく説明されている良書です。

英語嫌いだった僕が、初めて英語に興味を持ち始めたのがこの本。

当時偏差値30〜40を取っていたので、超基礎と言えども知らないことばかりながら、それらを理解していく感覚は『勉強する楽しさ』を感じた瞬間でした。

 

また【英語長文編】もセットで読み込むことでシナジーが生まれ、更に理解力が深まります。

ただ、英語長文は他の参考書でも代用できるので、まずは【超基礎文法編】に取り組んで、英語の基礎を学びましょう。

実践レベルの英語

偏差値40台の人向けの英語講座もこの項目が最後です。

ここまでしっかりとこなせば、偏差値50〜60を取れる英文法力が身につきます。

しかし、重要なのは数字ではありません。

『基礎がある偏差値50』

『基礎がない偏差値50』

表面上は同じ数字でも、あまりに大きな差があります。

ここまでを進めた貴方は、間違いなく前者です。

難関大学合格に向けて、弾みをつけるこの時期を乗り越えましょう。

大学受験英語の一歩目

さて、ここでは遂に大学受験レベルの英語に挑戦することになります。

これまでとは難しさが格段に変わってきますが、基礎を身に着けていれば恐れることはありません。

少し理解に時間が掛かっても、絶対に前に進めます。

そんな段階でお勧めするのが、代々木ゼミナール講師である西きょうじ先生の『基本はここだ!』です。

大学受験英語において、かなり有名な参考書です。

『基本はここだ!』のタイトル通り、英語の基本ながらも十分に実戦に通用する知識が分かりやすく説明されています。

僕は中学英語、高校基礎英語と進めた後に、この本を読んだ時に衝撃を受けました。

この本の知識を本当にしっかり理解し、後は単語熟語や演習をするだけで、偏差値60に届くくらいの良書です。

基本はここだ!の使い方

この本に関しては勉強方法も大事ですので、具体的に書き進めます。

まず、このレベルになると高校初期を乗り越えたばかりの時期は、難しく感じる箇所も多々出てくるはずです。

そういう場面に出会したら、まずはじっくりと時間を掛けて理解する努力をしましょう。

しかし、それでも理解が難しい際には、その部分を飛ばして次に進みましょう。

 

全ての受験勉強に共通しますが、その場面では理解出来なくても、後々になって『あそこはそういうことだったのか』と理解出来るようになる内容はたくさんあります。

特に、英語はそれが顕著です。

なので、出来ない時はそこに固執しすぎずに、一先チェックをつけておき、進んだ後で分かるようになるのを待ちましょう。

まとめ

今回挙げた3冊を本当に理解しきれば、間違いなく偏差値60くらいの知識は身についていることを保証します。

もちろん、同時進行で単語や熟語を進めることも大事です。

また、勉強は『インプット→アウトプット』の流れをしっかりと構築することも重要です。

覚えた知識を他の問題演習本でしっかりと使い、身体に染み込ませましょう。

【レベル別】お勧め営業長文問題集 20選

何か疑問点や気になるところがあれば、お気軽にコメントやTwitter、LINEなどでご質問ください!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です