逆転合格経験者が『ビリギャル』を初めて見た感想




『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』

初版が2013年12月27日に出版された、通称『ビリギャル』です。

30万部を超える大ベストセラー、表紙の石川恋さんの話題性も相まって、社会全体で盛り上がりを見せた話題作で、受験生の皆さまなら恐らくご存知でしょう。

2015年には有村架純さん主演で映画化され、こちらも大ヒットしましたね。

僕自身も偏差値30台から早稲田大学に現役合格をしているので、前々から気にはなっていたのですが、最近になってようやく鑑賞したので、その感想を記事にしました!


感想としては…

ただ一言、素晴らしい作品でした。

見終わった後、恥ずかしながら大号泣しました(笑)。

自分の経験と照らし合わせてしまう部分が多く、涙が止まらなかったです。

もしも僕が受験生の頃に見たとしたら、絶対にモチベーションの上昇に繋げられたと思うので、逆転合格を目指す受験生には一度見て欲しい。

たった2時間、息抜きがてらには丁度良いです。

ビリギャルは現実として有りうるか

受験生にとって気になるのは『こんなストーリーは本当に可能なのか』という点かと思います。

著者である『坪田信貴さん』が『小林さやかさん』を指導した話とされていますが、調べてみると賛否両論です。

高校が上位校だったとか、受験科目の少ないSFC(慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス/英語と小論文のみで受験可能)だったからとか、脚色されている部分も多々あるだとか…。

それでも、僕は絶対に可能だと断言します。

だって、僕自身がそういった経験をしているから。

僕は高校2年生の秋に偏差値30台の状況から勉強を開始し、高校3年生の冬には偏差値70、早稲田大学に逆転合格しています。

高校の偏差値も40台で、ド田舎ということで受験の情報も少ない環境。

そうした自らの実体験がある以上は、ビリギャルを否定する要素は何も有りません。

というより、僕の方がよっぽどビリボーイなんじゃないかと思うくらいです…!

ぜひ、皆さんも個々人のストーリーが作れるような、素敵な受験ライフをお過ごしください!

スポンサードリンク








Twitterでご相談お待ちしています!


Twitterでは、大学受験に関する話や、くだらない身の丈話などをツイートしています。
その他にも、記事に関する内容や勉強相談など、DMやリプライなどでご連絡をもらえれば個別でお話も出来ますので、お気軽にフォローをお待ちしています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

田舎の自称進学校(偏差値40台)の出身。高校2年生の秋まで学年最下位を争い、模試では偏差値30台を連発。一念発起し、効率の良い勉強を追求した結果、現役で早大に逆転合格。